盆栽・水石用掛け軸

画像
「鳥啼山更幽」=鳥啼(とりな)いて山更(やまさら)に幽(ゆう)なり、という禅語から作品を描きました。
「風定花猶落 鳥啼山更幽」と続きます。
「風定まりて花猶(なお)落ち、鳥啼いて山更に幽なり」=風が止み、猶も花は落ち、静寂の中に響き渡る鳥の声によって更に寂寥感が深まる情景をあらわしています。
雲月 「雲月是同渓山各異」=雲月是れ同じく渓山各異(おのおのこと)なる、という『無門関』の一節から作品を描きました。

雲間からさす月光はみな同じでありながら、照らされる山や渓谷は各々異なった形である。同じ恩恵を受けていても、受ける側のあり方はそれぞれ違っているのをあらわす。
*『無門関』は、中国南宋時代の無門慧開が著した禅書。
雲月
瀑布
瀑布 「飛流直下三千尺」。李白の七言絶句『望廬山瀑布』の一節からこの作品を描きました。

日照香炉生紫烟 = 日は香炉を照らして紫烟(しえん)を生ず
遥看瀑布挂前川 = 遥かに看る瀑布の長川を挂(か)くるを
飛流直下三千尺 = 飛流(ひりゅう)直下三千尺

疑是銀河落九天 = 疑ふらくは是れ銀河の九天(きゅうてん)より落つるかと

(現代語訳)
太陽の光は香炉峰を照らして、赤茶色のもやを立ち上らせている。
私は遠くから見る、滝が長い川を立てかけたように流れ落ちているのを。
その滝は空中を飛んで流れ、真っ直ぐ三千尺も落ちてくる。
私はふと疑った、これは天の川が天の一番高いところから落ちてきたのではないかと。

作家について

平川功
平川功

挿絵や音楽CDジャケットなど制作。
グループ展・ワークショップ等各地で開催しています。
ウェブサイト「平川功の水墨画」:hhttps://ko-hirakawa.jimdo.com/

略歴
1971年
兵庫県宝塚市に生まれる
1992-98年
愛知県立芸術大学・大学院油画科に入学・修了
1999年
個展(ギャラリー白/大阪・西天満)
2002年
水墨画を画家・岸野忠孝に師事
2007年(8、10、11、12、13、14年)
個展(藤田美術館展示ホール/大阪・網島町)
2014年
個展(Gallery NOAH/東京・銀座)
2017年
個展(ギャラリー惣/東京・銀座)
個展(Gallery ami-kanoko/大阪・千日前)

オーダーメイドのご注文御注文も受付けております

オーダーメイドの制作依頼はこちら

山添天香堂オリジナル掛け軸